テーマ:国際関係

Embracing Immigration in Japan

NPO法人マイスターネットにて、「ソフトパワー外交に向けて―日中関係における文化外交の役割と将来―」(2015年1月17日)と題し講演した http://meisternet.sakura.ne.jp/hp2/lecture/281-2015-02-05-02-27-16.html https://www.youtube.com/…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

自虐の心理

レオン・フェスティンガーLeon Festinger による、「認知的不協和」によると考えられます。 「自分の認知」と「周囲の認知」が一致していれば、互いに協和しているとし問題はありません。ところが、認知内容が相容れない場合には不協和が起こり、不安定な心理的緊張を生みます。すると、その緊張を緩和しようとして、どちらか一方を本能的に…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

21世紀の歴史――未来の人類から見た世界

ジャック・アタリ)は、フランス元大統領ミッテランの大統領補佐官、初代欧州復興開発銀行総裁を務めた俊英だ。 21世紀の歴史――未来の人類から見た世界 単行本 – 2008/8/30 ジャック・アタリ (著), 林 昌宏 (翻訳)
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

和僑(わきょう) ~アジアで見つけるボクらの生き方~

日本を飛び出し、アジア各地でビジネスを起こす「和僑(わきょう)」が急増している。 安定はしているが閉塞した日本を離れ、不安定ではあるが発展が見込まれる東南アジアで活躍する20代~30代の若者(男女)の活躍は頼もしい。 http://www.nhk.or.jp/etv21c/file/2014/0405.html 日本の若者の中…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

養殖うぉーず"~ジャパン・ブランドで戦え! NHK先取り

2014年4月 6日放送 "養殖うぉーず"~ジャパン・ブランドで戦え!~ http://www.nhk.or.jp/sakidori/backnumber/140406.html ノルウエー養殖産サーモンが日本はじめ世界を席巻している。その秘密は徹底したマーケティング。日本人は脂が濃く、色の濃いサーモンを好むことを突き止め、そ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

国家と国民の関係ついて

世界は、日本一国で成り立っているわけではない。日本は数多ある国家の一つに過ぎない。しかも、グローバル化の進展により国家も国民も諸外国と容易に交流可能になるとともに、その影響を大きく受けるようになってきた。 このような状況において、国家と国民の関係を論じ世界を切り離して考えるとしたら片手落ちであり、世界、国家、国民の3点セットで捉え…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

翻弄される日本文化

敗戦後、占領軍は日本の柔道など武道は軍国主義を助長するものとして、全面禁止にした。ところが、現在では柔道は、平和の祭典オリンピックの正式種目となり、世界中で愛好されている。日本文化が、諸外国によって翻弄されてきた一例と言える。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

日本の寛大さを証明

東京五輪の招致活動で、演説の指導役を務めたイギリス人のマーティン・ニューマンさん「日本は世界に対して閉ざしているという人もいますが、現実に私のような外国人コンサルタントをチームの一員として受け入れ、成功を心から分かち合ってくれる。国によっては自国の成功としか受け止めないところもありますが、これは日本の寛大さを証明しているのではないですか…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

島根県竹島は資源争奪戦の最前線

島根県竹島の南の海底には、メタンハイドレート資源が眠っている。韓国はこれを2014年までに実用化すると、2011年7月のスコットランドでの国際ガス・ハイドレート学会で発表した。 メタンハイドレートは、凍った天然ガスだから火力発電に使え、水素を取り出して燃料電池車を作れる。 韓国が島根県竹島を奪取する目的は、資源争奪にある。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

SEC准教授 神保 謙「世界のパワーバランスの変化と日本の外交・防衛政策」

世界のパワーバランス変化を受けて、日本の外交・防衛戦略は今後20年、30年いかにあるべきか。SEC准教授 神保 謙が平易に解説。動画約40分、無料 慶応義塾大学総合政策学部 神保謙氏「世界のパワーバランスの変化と日本の外交・防衛政策(前編)」(動画) http://www.globis.jp/1821 慶応義塾大学総合…
トラックバック:2
コメント:0

続きを読むread more

和文英訳の秘訣 

私の英文和訳の秘訣を紹介します。 先ず、訳したい日本語を、下記二つのソフトで自動翻訳する。 次に、結果を見比べ、気に入った方の英文をベースに編集する。 途中でつまずいたら、採用しなかった方の翻訳結果も参考にして、良いところだけ戴く。 これで、格段に能率が上がります。 @nifty翻訳 http://honyaku.nif…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

手嶋龍一 著『ブラック・スワン降臨9.11-3.11インテリジェンス10年戦争』

外交ジャーナリスト、作家の手嶋龍一さん。 著書『ブラック・スワン降臨9.11-3.11インテリジェンス10年戦争』を 踏まえつつ、9.11から3.11へと連なるインテリジェンスの流れ、 そして世界の中の日本のインテリジェンスについてお伺いいたします。 http://www.podcast.de/episode/28159955/…
トラックバック:2
コメント:0

続きを読むread more

戦争のはじまり

戦争は、他国の領土を奪うか、あるいは他国から領土を奪われることから始まる、と言えるのではないでしょうか。 現代日本では、政府も国民も他国の領土を奪おうという気持は全くない、と言っても間違いないと思います。 問題は、他国から領土を奪われることがないか、それによる戦争は起きないかである。 ロシア、韓国のトップによる我が国領土へ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

手嶋龍一

手嶋龍一(外交ジャーナリスト、作家)が、著書『ブラック・スワン降臨9.11-3.11インテリジェンス10年戦争』について、ラジオ版 学問ノススメ でやさしく語っている。我が国の外交課題、インテリジェンス、首相のリーダーシップなど興味深い話が無料で聞けます。 管さんと電話でやり合った内容。 管首相:法律に従って行動するのが、首相と…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

訴訟大国は、効率的か

中国では、いろいろなブランド名を先回りして商標登録し、日本企業などに対して使用権を請求する訴訟を起こして金儲けをするのが盛んだと聞く。 ところが先日のTVによると、中国国内の訴訟の9割は中国人同士の訴訟であるとのこと。これでは、効率的な社会とは言い難い。いずれその歪みは、深刻な現象となって表れるに違いない。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

お知恵拝借! 日本語学習 月100万円を稼ぐには?

マイスターネット例会の報告です テーマ:お知恵拝借! 日本語学習 月100万円を稼ぐには? グローバル化、少子高齢化が進展する日本にとって、海外の人財活用は避けて通れない課題であり、非日本語圏の人々への日本語学習支援は必須のテーマになってきた。 これまでインドネシアのIT技術者に日本語読解力のトレーニングを手がけてきた講師によ…
トラックバック:2
コメント:0

続きを読むread more

日本の官僚が作成するOECDレポート

最近、経済協力開発機構(OECD)は我が国に対し消費税を上げるべきだと発表したようでるが、なぜOECDがわざわざ我が国の消費税にまで口を挟むのであろうか? http://ameblo.jp/takaakimitsuhashi/entry-10868853549.html によれば、 『Economic Survey of Ja…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

 「最もクリエイティブな国・都市」は日本・東京:米Adobe Systemsによる調査結果

 「最もクリエイティブな国・都市」は日本・東京:米Adobe Systemsによる「クリエイティビティー」(創造性)に関する調査結果   調査は今年3月から4月にかけ、米国、英国、ドイツ、フランス、日本の18歳以上の成人5000人を対象にオンラインで実施した。 「最もクリエイティブな国」として36%の回答者が日本を挙げ、米国の26%…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

第67回講演会 「ハムレットは太っていた」

日時 2012年2月19日(日) 10:00~13::00 場所 藤沢市市民総合図書館 TEL 0466-43-1111 講師 永田 典子 <講演概要> 「ハムレット」はシェイクスピアの代表作として、まず挙げられる作品の一つです。 デンマークの王子ハムレットは、父親の突然の死、母親の急な叔父との再婚に疑念を抱き、父の亡霊か…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

紀元祭

本日は、地元の寒川神社から招待があり、紀元祭に参加し、紀元2672年を厳粛にお祝いしてきました。 利根宮司より、我が国の建国は橿原神宮で神武天応が即位されたされたときに始まる。他国のように、革命、独立を記念するものと異なり、世界に類のないものである、との挨拶がありました。 写真は、本殿に向かう直前の神官。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

国賓より資金集めを優先する閣僚

マズローの欲求段階(行動科学の展開p.41~)によれば、人間は、飢えや乾きの「生理的欲求」が満たされると、次にその飲食は安全か、毒が入っていないか、あるいは明日も手にはいるかなど「安全・安定の欲求」が出てくる。これらが満たされると、いろいろな集団に属し、受け入れられたいという「社会的欲求」が出てくる。 ところで、例の国賓を迎えた宮…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

日本語の考え方

110716に、「日本語の考え方」の講演が行われた。 我々日本人の思考と、日本語は切っても切れない関係にある。日本語を外国語と比較することにより、日本語の特徴が意識でき、また我々の思考の特徴が意識できるようになり、大変有益な講演であった。 英語では、「あるべき姿」と「現実」を明確に分け、前者を具体化することにより後者を導く。…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

神幸祭 7月3日

朝6:30集合 町内を練り歩く 20:00町から帰って宮入後、境内で最高に盛り上がる 御輿衆の疲れを知らぬ迫力は圧巻この上ない、魂のほとばしりを感じる瞬間だ
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more