英語マイスター2020 工事中

1.富士山
場面:電車に乗っていたら、外国人観光客から富士山について聞かれました。あなたならどう答えますか?

F:foreigner(外国人観光客)、Y:you(あなた)、M:英語マイスター

スマホ版(PC版はこの後ろです)

Q1(F):
テキスト Excuse me! Is Mt. Fuji is the highest mountain in Japan?
訳:富士山は日本で一番高い山ですか?
A1(Y):答えたいこと(日本語)はい、そうです。
テキスト:Yes, it is.
スピーチ
M1:添削・コメント

Q2(F):
訳:富士山には1年中登れるのですか?
A2(Y):答えたいこと(日本語):登山道が開通している7月上旬~9月中旬までしか登れません。
テキスト:You can climb it only from early July to mid September when mountain trails are open.
スピーチ
M2:添削・コメント

Q3(F):
テキスト:Would you mind telling me the way from Tokyo to Mount Fuji?
訳:東京から富士山まで行く方法を教えていただけませんか?
A3(Y):答えたいこと(日本語):はい、結構ですよ。都心から富士山5合目までの直行の高速バスが7、8月には運行されます。
テキスト:Oh no. High-speed nonstop buses will be operated from downtown to Mt. Fuji 5th in July and August.
.スピーチ
M3:添削・コメント

Q4(F):
テキスト:Is Mt. Fuji registered as a World Cultural Heritage?
訳:富士山は世界文化遺産に登録されているのですか?
A4(Y):答えたいこと(日本語):はい、2013に登録されました。
テキスト:Yes, Mt. Fuji has been registered in 2013.
.スピーチ
M4:添削・コメント

Q5(F):
訳:富士山のもっとも有名な絵は何ですか?
A5(Y):答えたいこと(日本語):葛飾北斎の『冨嶽三十六景 神奈川沖浪裏』だと思います。
テキスト:I think that it is Katsushika Hokusai's "Thirty-Six Views of Mt. Fuji The Great Wave off Kanagawa".
.
.スピーチ
M5:添削・コメント


PC版
Q1(F):


テキスト Excuse me! Is Mt. Fuji is the highest mountain in Japan?
訳:富士山は日本で一番高い山ですか?
A1(Y):答えたいこと(日本語)はい、そうです。
テキスト:Yes, it is.
スピーチ
M1:添削・コメント

Q2(F):


テキスト:Can we climb it all year round?
訳:富士山には1年中登れるのですか?
A2(Y):答えたいこと(日本語):登山道が開通している7月上旬~9月中旬までしか登れません。
テキスト:You can climb it only from early July to mid September when mountain trails are open.
スピーチ
M2:添削・コメント

Q3(F):


テキスト:Would you mind telling me the way from Tokyo to Mount Fuji?
訳:東京から富士山まで行く方法を教えていただけませんか?
A3(Y):答えたいこと(日本語):はい、結構ですよ。都心から富士山5合目までの直行の高速バスが7、8月には運行されます。
テキスト:Oh no. High-speed nonstop buses will be operated from downtown to Mt. Fuji 5th in July and August.
.スピーチ
M3:添削・コメント

Q4(F):


テキスト:Is Mt. Fuji registered as a World Cultural Heritage?
訳:富士山は世界文化遺産に登録されているのですか?
A4(Y):答えたいこと(日本語):はい、2013に登録されました。
テキスト:Yes, Mt. Fuji has been registered in 2013.
.スピーチ
M4:添削・コメント

Q5(F):


テキスト:What is the most famous painting of Mount Fuji?
訳:富士山のもっとも有名な絵は何ですか?
A5(Y):答えたいこと(日本語):葛飾北斎の『冨嶽三十六景 神奈川沖浪裏』だと思います。
テキスト:I think that it is Katsushika Hokusai's "Thirty-Six Views of Mt. Fuji The Great Wave off Kanagawa".
.
.スピーチ
M5:添削・コメント

12のリーダーシップストーリー――課題は状況対応リーダーシップ®で乗り切れ

日本生産性本部の出版部(生産性出版)から、いよいよ出版されました。

時代の要請に応えた、「1億総リーダー」の道しるべ
右肩上がりの高度成長期を過ぎ、失われた20年、そして「1億総活躍」が叫ばれる今日。でも、何をやったらわからない、目標がつかめない、リーダーシップが必要だ、という声が聞かれます。

本書は、ごくフツーの人でも、容易にリーダーシップを発揮することはできる、と12のストーリーを用いて平易に導いてくれます。まさに、時代の要請に応えた、「1億総リーダー」を実現する道しるべとして、一気に読める絶好の書と言えます。
アマゾンの書評より

網 あづさ (著)『12のリーダーシップストーリー――課題は状況対応リーダーシップ®で乗り切れ』

リーダーシップ講演一覧

NPO法人マイスターネットで講演した、リーダーシップ関連講演は以下の通りです。いずれも、報告文の後にレジメ(パワーポイント)があります。

日本の教育について考えよう
http://meisternet.jp/lecture/299-2015-10-03-13-30-22.html

蟻の一穴
http://meisternet.jp/lecture/285-2015-03-28-01-09-08.html

人は何のために生きるのであろうか?
http://meisternet.jp/lecture/271-2014-08-23-02-00-27.html

脱工業化社会とリーダーシップ
http://meisternet.jp/lecture/255-2013-12-01-00-14-26.html

知的創造力を高める マトリクス・リーダーシップ -正しいとは?
http://meisternet.jp/lecture/254-2013-11-07-13-20-42.html

スマートシニアのすすめ
http://meisternet.jp/lecture/245-2013-06-29-23-10-28.html

社会起業家とリーダーシップ
http://meisternet.jp/lecture/237-2013-02-24-06-42-19.html

QOLを高めるリーダーシップとは
http://meisternet.jp/lecture/217-2012-05-03-05-37-36.html

行動科学とリーダーシップ
http://meisternet.jp/lecture/215-2012-04-01-00-06-51.html

なりたい自分になる方法
http://meisternet.jp/lecture/193-2011-07-09-22-17-53.html

イノベーションとリーダーシップ
http://meisternet.jp/lecture/151-2010-10-30-00-33-58.html

”ノーベル賞受賞者に見る創造性とリーダーシップ”
http://meisternet.jp/lecture/72-lecture42.html

”変革とリーダーシップ”
http://meisternet.jp/lecture/66-lecture36.html

「リーダーシップとグローバル的視点」
http://meisternet.jp/lecture/57-lecture27.html

「企業倫理」 -リーダーシップ研究大学院の授業風景-
http://meisternet.jp/lecture/50-lecture20.html

「倫理新時代の到来とリーダーシップ」
http://meisternet.jp/lecture/47-lecture17.html

「ソクラテスのダブル・バインドと色即是空」
http://meisternet.jp/lecture/24-lecture13.html

”「人を動かすリーダーシップ」2” -その理論と実践-
http://meisternet.jp/lecture/17-lecture6.html

”「人を動かすリーダーシップ」” -その理論と実践-
http://meisternet.jp/lecture/13-lecture4.html

スタンフォードの自分を変える教室

・マクゴニガル (著)『スタンフォードの自分を変える教室』 単行本 – 2012/10/20
, 神崎 朗子 (翻訳)


モラル・ライセンシング:
人は何か良いことをすると、いい気分になります。そのせいで、自分の衝動を信用しがちになります。多くの場合、悪いことをしたってかまわないと思っていしまうのです(p.30)。

世間一般にモラルが高いと信じられている人たちが、ひどい不品行を行いながらも自分に対してそれを正当化する理由を説明できるかもしれません(p.31)

ドラ

プロフェッショナルの条件―いかに成果をあげ、成長するか (はじめて読むドラッカー (自己実現編)) 単行本 – 2000/7
P・F. ドラッカー (著), Peter F. Drucker (原著), 上田 惇生 (翻訳)

ドラッカー(2000)『イノベーターの条件―社会の絆をいかに創造するか』 (p.126)。
森半 morihan さ~ツと溶ける インスタント緑茶 250g

物事を判断する基準

物事を判断する基準として、
損得を基準にする考え、と
正・不正を基準にする考え
がある。

『損得を基準にする考え』は、そのとき置かれた環境下における私利私欲に基づくため、永続性が弱い。
『正・不正を基準にする考えは』、普遍性に基づくて真理性が強く、永続性がある。

リーダーシップ関連講演@NPO法人マイスターネット


いずれも、報告文の後にレジメ(パワーポイント)があります。


人は何のために生きるのであろうか?
 http://meisternet.sakura.ne.jp/hp2/lecture/271-2014-08-23-02-00-27.html

脱工業化社会とリーダーシップ
http://meisternet.sakura.ne.jp/hp2/lecture/255-2013-12-01-00-14-26.html

知的創造力を高める マトリクス・リーダーシップ -正しいとは?-
http://meisternet.sakura.ne.jp/hp2/lecture/254-2013-11-07-13-20-42.html

スマートシニアのすすめ
http://meisternet.sakura.ne.jp/hp2/lecture/245-2013-06-29-23-10-28.html

社会起業家とリーダーシップ
http://meisternet.sakura.ne.jp/hp2/lecture/237-2013-02-24-06-42-19.html

QOLを高めるリーダーシップとは
http://meisternet.sakura.ne.jp/hp2/lecture/217-2012-05-03-05-37-36.html

行動科学とリーダーシップ
http://meisternet.sakura.ne.jp/hp2/lecture/215-2012-04-01-00-06-51.html

なりたい自分になる方法
http://meisternet.sakura.ne.jp/hp2/lecture/193-2011-07-09-22-17-53.html

イノベーションとリーダーシップ
http://meisternet.sakura.ne.jp/hp2/lecture/151-2010-10-30-00-33-58.html

”ノーベル賞受賞者に見る創造性とリーダーシップ”
http://meisternet.sakura.ne.jp/hp2/lecture/72-lecture42.html

”変革とリーダーシップ”
http://meisternet.sakura.ne.jp/hp2/lecture/66-lecture36.html

「リーダーシップとグローバル的視点」
http://meisternet.sakura.ne.jp/hp2/lecture/57-lecture27.html

「企業倫理」 -リーダーシップ研究大学院の授業風景-
http://meisternet.sakura.ne.jp/hp2/lecture/50-lecture20.html

「倫理新時代の到来とリーダーシップ」
http://meisternet.sakura.ne.jp/hp2/lecture/47-lecture17.html

「ソクラテスのダブル・バインドと色即是空」
http://meisternet.sakura.ne.jp/hp2/lecture/24-lecture13.html

”「人を動かすリーダーシップ」2” -その理論と実践-
http://meisternet.sakura.ne.jp/hp2/lecture/17-lecture6.html

”「人を動かすリーダーシップ」” -その理論と実践-
http://meisternet.sakura.ne.jp/hp2/lecture/13-lecture4.html

昆 美由紀著『困った上司とかかわるあなたへ』

「若者は就職してもすぐ辞める」、と社会では問題視されている。ところが、20代の著者から見ると話は別だ。

ある大手の老舗企業では、仕事への意欲も責任感も乏しく保身のことしか考えない「困った上司」達の下で、やる気のある若者が苦悩の日々を送っている。

本書は、このような状況の下で、若者はいかに振る舞えばよいか、を問うケース・スタディである。

Embracing Immigration in Japan

NPO法人マイスターネットにて、「ソフトパワー外交に向けて―日中関係における文化外交の役割と将来―」(2015年1月17日)と題し講演した
http://meisternet.sakura.ne.jp/hp2/lecture/281-2015-02-05-02-27-16.html
https://www.youtube.com/watch?v=z6djhS5DWU8&feature=em-upload_owner
Fredericさんに、移民について投稿してもらいました。

Please read my short paper on immigration. I hope it is easy to understand. I didn't argue whether immigration is good or bad for Japan, but rather how to prepare for immigrants if Japan chooses to welcome them.


Embracing Immigration in Japan

The major issues surrounding the immigration debate are well known in Japan. The country faces an aging population that poses an increasing economic burden for the younger generation of workers. In the face of this dilemma, Japan has the option of opening its doors to large numbers of young immigrants to bolster its dwindling labor market and sustain economic growth. However, choosing this path will also bring dramatic changes to Japanese society and must be wisely executed. While the details of managing immigration policy are complex and require a lot of attention and skill, this essay suggests a few guiding principals that can shape the initiative. Should Japan choose to adopt a more open immigration policy, the key to successful transition lies in proper planning, continuous dialog, and acceptance of immigrants as a long-term, beneficial presence in Japan.

Proper planning entails ensuring the well being of immigrants and promoting harmonious co-existence alongside native Japanese. The lack of language skills, personal connections, and unfamiliarity with Japanese culture will undoubtedly place immigrants at a disadvantage when studying at school, applying for housing and services, and searching for work. Many resources need to be devoted to educating immigrants in the Japanese language and customs, to job training, and to social workers who can assist immigrants and defend them. Native Japanese will also need to be educated on how to be sensitive to the needs of foreign cultural and religious customs. School curricula and workplace laws should be put into place that address the particular needs of foreigners, without excepting them from the standards expected of regular students and workers.

Throughout the immigration process a healthy and constructive environment for intelligent discussion on cultural differences is needed. All media will need to encourage publicizing immigrant success stories in Japan as well as the challenges they face. Japanese natives and immigrants need to be able to mutually voice their concerns and questions concerning their new neighbors and receive answers. Libraries, universities, public halls, and community publications and gatherings also serve as excellent venues for dialog. When such dialog is not practiced, many Japanese remain ignorant of the realities of their foreign neighbors, and immigrants can feel lost and unheard, hence fostering mistrust and friction between the two sides. Public dialog can better shape public opinion about immigration in a positive direction and help policy makers stay responsive to community needs.

Thirdly, in order for immigration to succeed in Japan, the public and government’s should be open to change. If they can accept newcomers as long-term neighbors then they can invest in long-term solutions. To treat immigrants as temporary guests will only discourage meaningful engagement between natives and their neighbors; immigrants will become sidelined and marginalized. Future problems will then likely fester due to increasing inequality and tensions. Many immigrants are honest, hardworking, and willing to be productive members of their adopted society. Accepting second and third-generation immigrants who are born and raised in Japan as equals, plus allowing them an active voice and role in social life, economics, and politics will go a long way towards integrating immigrants into mainstream society and building mutual respect, understanding, and goodwill. Japan can also benefit from the contributions from a diverse society.

In a word, this paper argues that resources, dialog, and attitude are the key to a positive immigration experience for Japan in the years to come. Many of the ideas discussed here are idealistic and there will be many challenges for Japanese and immigrants to adjust to one another. However, with a dedicated, deliberate, and optimistic approach Japan has the opportunity to open a new chapter in its history and continue being a key nation that exemplifies adapting to postmodern challenges in the twenty-first century.



dwindling 減少する entails 伴う venue 会場 unheard前代未聞 foster 助長
sidelined 欠場 marginalized 周縁化された fest er 化膿 dedicated, deliberate 専用の、意図的な
exemplifies adapting 適応例示している